manapedia
always,sometimes,often,usuallyの意味と置く場所
著作名: ほりぃ
56,275 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

always」、「sometimes」、「often」、「usually」も副詞です。
頻度や回数を表す副詞とも呼ばれたりします。
ここでは、これらの副詞が文章中のどこに入るのかについて説明します。
その前に、これらの副詞の意味は大丈夫ですか?確認のためにまとめておきましょう。
alwaysいつも、つねに
sometimesときどく
oftenよく
usually普段は


be動詞のあと、一般動詞の前

見出しに書いたとおりこれらの副詞はbe動詞のあと、一般動詞の前におきます。頻度を表す副詞の特徴ですのでおさえてください。

He is always busy.彼はいつも忙しい。
He always sleeps in class.彼はいつも授業中に寝ている。


always, sometimes, often, usuallyは、be動詞のあと、一般動詞の前




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語