manapedia
I、We、Youのように、主語になる代名詞
著作名: ほりぃ
8,814 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

代名詞

これから3回にわたって、代名詞について説明をしていきます。
代名詞とは、「これ」、「あれ」、「それ」というのはもちろん、「」や「あなた」、「」、「彼女」といったものの総称です。ちなみにこれらのテキストでは「This」、「That」については扱っていません。
人称代名詞

参考書では、「主格、所有格、目的格が~」と難しく書いてありますが、覚える必要はありません。大切なのは、文法の専門用語を覚えることではなく、どのシチュエーションで使うのかです。
まずはじめに、主語になれる代名詞について説明しましょう。
主格を表す代名詞

文の主語となる代名詞のことです。
私は」、「彼は」、「彼女は」というやつですね。

I私はI am Hiroko.私はひろこです。
We私たちはWe are the champion.私たちはチャンピョンです。
youあなた、あなたたちYou are so beautiful.あなたはとてもキレイだ。
he彼はHe is kind.彼は親切です。
she彼女はShe looks happy.彼女はとても幸せそうにみえる。
itそれはIt is my pleasure.それは私の喜びです。(どういたしまして)
they彼ら・彼女ら・それらThey are lovely.彼らは可愛らしい。



youだけ、あなた・あなたたちと単数形と複数形とで同じ形を使います。youがあなたはを表しているのか、それともあなたたちはを表しているのかは、文脈で判断するようにしましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語