manapedia
過去進行形の否定文の作り方
著作名: ほりぃ
5,187 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

過去進行形

「~していました」のように、過去の動きを表す表現をするのが過去進行形でした。
「主語+be動詞(過去形)+~ing」とするんでしたね。

ここでは、過去進行形を使った否定文の作り方を説明しましょう。
過去進行形の否定文

まず、現在進行形の否定文の作り方を思い出してみましょう。

私は今勉強はしていません
これを英文にしてみましょう。

I am not studying now

つまり現在進行形の否定文は
「主語+be動詞(現在形)+not+~ing」の形ですね。
be動詞と~ingの間に「not」が入ります。

過去進行形の否定文もこれと同じで、be動詞と~ingの間に「not」をいれるだけです。


では先程の例文を書き換えて、「私はそのとき勉強はしていませんでした」とか着替えてみましょう。 ※そのときは「at that time」を使います。

I was not studying at that time. となりますね。

過去進行形の否定文は、「主語+be動詞(過去形)+not+~ing


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語