manapedia
徒然草『悲田院の尭蓮上人は』のわかりやすい現代語訳
>
56,977views
高校古文『さざなみや志賀の都はあれにしを昔ながらの山桜かな』わかりやすい現代語訳と品詞分解
>
732views
枕草子『宮に初めて参りたるころ』(昼つかた〜)現代語訳・口語訳と文法解説
>
728views
『おしなべて峰も平になりななむ山の端なくは月も入らじを』わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解
>
275views
『飽かなくにまだきも月の隠るるか山の端逃げて入れずもあらなむ』わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解
>
415views
『ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ』わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解
>
327views
『狩り暮らしたなばたつめに宿からむ天の河原に我は来にけり』わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解
>
502views
『散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき』わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解
>
807views
高校古文『出でて往なばたれか別れの難からむありしにまさる今日は悲しも』わかりやすい現代語訳と品詞分解
>
494views
高校古文『陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに』わかりやすい現代語訳と品詞分解
>
2,667views