新規登録 ログイン
検索条件
タグ 道長の豪胆

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『肝試し(道長の豪胆)』 ここでは、大鏡の中の『『肝試し・道長の豪胆』の『「子四つ。」と奏して〜』から始まる部分の現代語訳と解説をしています。 ※前回のテキスト: 大鏡『肝だめし・道長の豪胆(さ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『肝だめし(道長の豪胆)』 ここでは、大鏡の中の『『肝試し・道長の豪胆』の「さるべき人は、とうより〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。 ※前回のテキスト: 『四条の大納言のかく何事も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『肝試し(道長の豪胆)』 このテキストでは、大鏡の中の『肝試し(道長の豪胆)』の「さるべき人は、とうより〜」から始まる部分の品詞分解をしています。 ※前回のテキスト: 『四条の大納言のかく何事も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『肝試し(道長の豪胆)』 このテキストでは、大鏡の中の『肝試し・道長の豪胆』の「子四つと奏して〜」から始まる部分の品詞分解をしています。 ※前回のテキスト: 『肝試し・道長の豪胆(さるべき人は、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『肝だめし』 このテキストでは、大鏡『肝だめし』の中の「四条の大納言のかく何事もすぐれ、めでたくおはしますを〜」から始まる部分の現代語訳と解説を行っています。 原文 四条の大納言のかく何事も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『肝だめし』 このテキストでは、大鏡『肝だめし』の中の「四条の大納言のかく何事もすぐれ、めでたくおはしますを〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。 原文 ※名詞は省略しています。 |四... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さるべき/然るべき 連語 ラ行変格活用「さり」の連体形「さる」と当然の助動詞「べし」の連体形「べき」が一語になったもの。 意味1 最も適当な、しかるべき、そうするのが最もふさわしい。 [出典]:... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おどろおどろし 形容詞・シク活用 |未然形|おどろおどろしく|おどろおどろしから| |連用形|おどろおどろしく|おどろおどろしかり| |終止形|おどろおどろし|◯| |連体形|おどろおどろしき|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かきたる/掻き垂る 「かきたる」には ①ラ行下二段活用 ②ラ行四段活用 の用法があるが、重要性を考えてここでは「①ラ行下二段活用」のみを扱う。 ①ラ行下二段活用 |未然形|かきたれ| |連用形|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひとがちなり/人勝ちなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|ひとがちなら|◯| |連用形|ひとがちなり|ひとがちに| |終止形|ひとがちなり|◯| |連体形|ひとがちなる|◯| |已然形|ひとがちな... (全て読む)

1

2

3

4