新規登録 ログイン
検索条件
タグ 三船の才

1

9_80
Text_level_1
大鏡『三船の才(公任の誉れ)』 ここでは、大鏡の中の『三船の才・公任の誉れ』(一年、入道殿の大井川に逍遥せさせ給ひしに〜)の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。 原文(本文) 一年、入... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『三船の才・公任の誉れ・』 ここでは、大鏡の中の『三船の才・公任の誉れ』(一年、入道殿の大井川に逍遥せさせ給ひしに〜)の品詞分解をおこなっています。 ※現代語訳: 大鏡『三船の才(公任の誉れ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たふ/耐ふ/堪ふ ハ行下二段活用 |未然形|たへ| |連用形|たへ| |終止形|たふ| |連体形|たふる| |已然形|たふれ| |命令形|たへよ| 意味1:自動詞 我慢できる、こらえられる。 ※... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さても/然ても 「さても」には ①副詞 ②接続詞 ③感動詞 の用法がある。 ①副詞 意味1 そうであっても、それでも。 [出典]:若紫 源氏物語 「昼はさてもまぎらはしたまふを、夕暮となれば、い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いにしへ/古 名詞 意味1 遠い昔、古代、古い時代。 [出典]: 三舟の才 大鏡 「一事の優るるだにあるに、かくいづれの道も抜け出で給ひけむは、いにしへも侍らぬことなり。」 [訳]:一つの事に優... (全て読む)

1