新規登録 ログイン
検索条件
タグ 額打論

1

9_80
Text_level_1
平家物語 額打論 さるほどに、永万元年の春の頃より、主上(しゅじょう)御不予(ごふよ)の御事と聞えさせ給ひしが、夏のはじめにもなりしかば、ことのほかに重らせ給ふ。これによつて、大蔵大輔伊吉兼盛が... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 額打論 さるほどに同じき七月廿七日、上皇つひに崩御成りぬ。御歳廿三、つぼめる花の散れるがごとし。玉の簾(すだれ)、錦の帳の内(うち)、皆御涙にむせばせ給ふ。やがてその夜、香隆寺のうしと... (全て読む)

1


知りたいことを検索!