新規登録 ログイン
検索条件
タグ −θ

1

14_80
Text_level_1
−θの三角関数の公式 図において、"∠POA=θ"、"OP=r"とします。 x軸を対象に、△POAを対称移動させた三角形を△QOAとします。座標上でみると、"∠QOA=−θ"となります。 このと... (全て読む)

1