新規登録 ログイン
検索条件
タグ 熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな

1

9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、額田王の詠んだ歌で、万葉集に入っている「熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」という歌について説明していきます。 原文 熟田津に船乗りせむと月待てば潮も か... (全て読む)

1


知りたいことを検索!