新規登録 ログイン
検索条件
タグ 凡河内躬恒

1

9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集で詠まれている「心あてに折らばや折らむ初霜の置き惑わせる白菊の花」という歌について説明していきます。 原文 心あてに折らばや折らむ初霜の置き惑わせる白菊の花 現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「風吹けば落つるもみぢ葉水きよみ散らぬかげさへ底に見えつつ」という歌について説明していきます。 原文 風吹けば 落つるもみぢ葉水きよみ散らぬか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「世を捨てて山にいる人山にてもなほ憂き時はいづち行くらむ」という歌について説明していきます。 原文 世を捨てて山にいる人山にてもなほ憂き時はい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ばや 「ばや」には、終助詞と連語としての用法がある。 終助詞 終助詞として用いる場合、動詞または動詞形活用の助動詞の未然形につく。願望や意志を表し、文末にのみ用いられる。 意味1:願望 〜したい... (全て読む)

1