新規登録 ログイン
検索条件
タグ 遣隋使

1

17_80
Text_level_1
「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」 に示されるように隋(中国)は、それまで朝貢関係にあった倭国(日本)から、今までの冊封をやめて独立した国家として接してくださいと言われました。 皇帝煬... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに なぜ聖徳太子は、遣隋使を介して「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」といった国書を随に送ったのでしょうか。 当時の諸外国の動向からみてみましょう。 随の冊封体制 当時随はアジアの... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 遣隋使が随に送った国書の中に、「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」といった文言が記載されていました。当時の随の皇帝煬帝は、この国書を見て激怒したと言われていますが、なぜ煬帝は怒... (全て読む)
4_80
Text_level_1
聖徳太子の功績 飛鳥時代の中心人物といえば聖徳太子(しょうとくたいし)です。 昔のお金に肖像画が載ったり、厩戸皇子(うまやどのおうじ)などとも呼ばれている聖徳太子ですが、本当に存在したのかは実は... (全て読む)
4_80
Text_level_1
遣隋使 飛鳥時代に、中国を支配していた「隋」(ずい)という国がありました。この隋はとても大きな国でしたので、隋の文化を学びに行こうというのがおもな目的でした。 遣隋使は文化交流のために送られた ... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 飛鳥時代の中心人物といえば聖徳太子です。 昔のお金にも肖像画が載り厩戸皇子などとも呼ばれる聖徳太子ですが、実際に存在したのかは明確にはわかっていません。 ここでは、その聖徳太子が残した... (全て読む)
18_80
Text_level_2
隋・唐の隆盛で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 隋の統一 ・魏晋南北朝時代のおわり、長安を都とした北周には、幼い静帝が即... (全て読む)
17_80
Text_level_2
5世紀の朝鮮半島 朝鮮半島の抗争 5世紀の朝鮮半島では、中国の北朝に朝貢していた高句麗と、南朝に朝貢していた百済が抗争を繰り広げていました。 475年に高句麗が百済の都の漢城を攻め落とし百済王が... (全て読む)

1