新規登録 ログイン
検索条件
タグ 聖徳太子

1

2

3

4

17_80
Text_level_1
「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」 に示されるように隋(中国)は、それまで朝貢関係にあった倭国(日本)から、今までの冊封をやめて独立した国家として接してくださいと言われました。 皇帝煬... (全て読む)
17_80
Text_level_1
天皇制の確立 日本の歴史をみるうえで、必ずキーパーソンになってくるのが時の天皇の存在です。 現在でこそ、天皇は日本国の象徴であると憲法に定められてはいますが、日本国憲法ができるまでは、天皇が実際... (全て読む)
17_80
Text_level_1
摂政と関白の違いについて説明したいと思います。 摂政 まず摂政についてです。 摂政は幼い天皇に代わって政務を執り行うとともに、当時において天皇の主要な大権だった官奏を覧ずることと、除目・叙位を行... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 遣隋使が随に送った国書の中に、「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」といった文言が記載されていました。当時の随の皇帝煬帝は、この国書を見て激怒したと言われていますが、なぜ煬帝は怒... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 飛鳥時代のはじめ、蘇我氏と物部氏という2つの家による、政権をめぐる争いがありました。 実はこの争い、日本に仏教の布教を許すか、それとも許さないかの戦いでもありました。最終的に蘇我氏が物... (全て読む)
17_80
Text_level_2
飛鳥文化 飛鳥文化とは 7世紀前半に、推古朝の時代に興った文化を飛鳥文化と言います。奈良県高市郡明日香村(飛鳥の地)に都があったことから、推古朝から大化の改新までの時代を飛鳥時代と言います。 飛... (全て読む)
4_80
Text_level_1
聖徳太子の功績 飛鳥時代の中心人物といえば聖徳太子(しょうとくたいし)です。 昔のお金に肖像画が載ったり、厩戸皇子(うまやどのおうじ)などとも呼ばれている聖徳太子ですが、本当に存在したのかは実は... (全て読む)
4_80
Text_level_1
大化の改新 聖徳太子がなくなった後、権力をにぎったのは蘇我蝦夷(そがのえみし)、蘇我入鹿(そがのいるか)の親子でした。 蘇我氏はまず、聖徳太子の子供で聖徳太子の次を継ぐであろうとされていた山背大... (全て読む)
4_80
Text_level_1
遣隋使 飛鳥時代に、中国を支配していた「隋」(ずい)という国がありました。この隋はとても大きな国でしたので、隋の文化を学びに行こうというのがおもな目的でした。 遣隋使は文化交流のために送られた ... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 飛鳥時代の中心人物といえば聖徳太子です。 昔のお金にも肖像画が載り厩戸皇子などとも呼ばれる聖徳太子ですが、実際に存在したのかは明確にはわかっていません。 ここでは、その聖徳太子が残した... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!