新規登録 ログイン
検索条件
タグ 御成敗式目

1

17_80
Text_level_1
御成敗式目 御成敗式目とは、当時の執権 北条泰時が中心となって1232年に制定された武士のための法律です。 武士に関する法律は、この御成敗式目が歴史上初です。 貞永元年に制定されたことから、貞永... (全て読む)
17_80
Text_level_1
地頭と守護 平氏が台頭する前から、地頭という役職はありましたが、源頼朝が鎌倉幕府を開いてから、本格的に全国に地頭がおかれるようになります。そして地頭とセットで出てくるのが守護という役職です。ここ... (全て読む)
4_80
Text_level_1
御成敗式目 御成敗式目とは、当時の執権 北条泰時が中心となって1232年に制定された武士のための法律です。 武士に関する法律は、この御成敗式目が歴史上初です。 貞永元年に制定されたことから、貞永... (全て読む)
17_80
Text_level_2
執権政治 承久の乱後、1224年(元仁元年)に北条義時、翌年に大江広元・北条政子が相次いで亡くなると、幕府政治も新たな局面を迎えました。北条義時のあとを継ぎ、執権となったのは六波羅探題だった息子... (全て読む)

1