新規登録 ログイン
検索条件
タグ 鎌倉幕府

1

2

3

4

17_80
Text_level_1
元寇が幕府に与えた影響 文永の役と弘安の役の後、鎌倉幕府は衰退の一歩をたどることになります。 元寇後の御家人に対する報奨が十分でなかったことと、3度目の元の襲来に備えて、九州北部での警備に多くの... (全て読む)
17_80
Text_level_1
御成敗式目 御成敗式目とは、当時の執権 北条泰時が中心となって1232年に制定された武士のための法律です。 武士に関する法律は、この御成敗式目が歴史上初です。 貞永元年に制定されたことから、貞永... (全て読む)
17_80
Text_level_2
はじめに 鎌倉幕府は、朝廷から独立した初めての武家政権です。 (平氏政権では朝廷と共存していた) 以前は源頼朝が征夷大将軍に任命された1192年に幕府が設立されたというのが定説でしたが、実際には... (全て読む)
17_80
Text_level_1
承久の乱 承久の乱とは、後鳥羽上皇が鎌倉幕府を倒そうと挙兵をしたものの、北条氏率いる幕府軍によって返り討ちにされた内乱を言います。このとき鎌倉幕府の将軍は藤原頼経、執権は北条義時ということを抑え... (全て読む)
17_80
Text_level_2
鎌倉文化とは 鎌倉文化は、平安時代の国風文化を基盤としながら、新興の武士や農民層の価値観が付け加えられて成立した文化です。 鎌倉文化の特色は次のようなものでした。 庶民性 武家の文化 宋や元など... (全て読む)
4_80
Text_level_1
御恩と奉公~鎌倉幕府~ 平氏のトップだった平清盛は、武士として初めて太政大臣になりました。 この平氏を壇ノ浦の戦いで破った源頼朝は、征夷大将軍として初めての武家政権である鎌倉幕府を作ります。 鎌... (全て読む)
4_80
Text_level_1
御成敗式目 御成敗式目とは、当時の執権 北条泰時が中心となって1232年に制定された武士のための法律です。 武士に関する法律は、この御成敗式目が歴史上初です。 貞永元年に制定されたことから、貞永... (全て読む)
18_80
Text_level_2
元の盛衰と諸地域との交流で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 元の成立と発展 ・チンギス=ハンの末子トゥルイの子であるフビ... (全て読む)
17_80
Text_level_2
源平の争乱 平清盛が後白河法皇を幽閉し、平氏の専制政治が続くと思われましたが、その繁栄は長くは続きませんでした。 1180年(治承4年)、平清盛が孫の安徳天皇を即位させると、後白河法皇の第二皇子... (全て読む)
17_80
Text_level_2
元寇後の鎌倉幕府 元寇は二度にわたって起こったため、鎌倉幕府は再度の襲撃に備え異国警固番役を引き続き御家人に課し、沿岸警備を行わせました。また、鎮西奉行に代わり鎮西探題を博多に置き、北条一門をこ... (全て読む)

1

2

3

4