新規登録 ログイン
検索条件
タグ ゆく河の流れ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
方丈記『ゆく川の流れ』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の「ゆく河の流れ」(ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 ゆく河... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かつ ※「かつ」は ①副詞 ②接続詞 としての用法がある。 ①副詞 意味1 一方では。 [出典]: ゆく河の流れ 方丈記 「よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つきす/尽きす サ行変格活用 |未然形|つきせ| |連用形|つきし| |終止形|つきす| |連体形|つきする| |已然形|つきすれ| |命令形|つきせよ| 意味:自動詞 尽きる、なくなる。 ※下... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まれなり/稀なり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|まれなら|◯| |連用形|まれなり|まれに| |終止形|まれなり|◯| |連体形|まれなる|◯| |已然形|まれなれ|◯| |命令形|まれなれ|◯... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たづぬ/尋ぬ/訪ぬ ナ行下二段活用 |未然形|たづね| |連用形|たづね| |終止形|たづぬ| |連体形|たづぬる| |已然形|たづぬれ| |命令形|たづねよ| 意味1:他動詞 探し求める、追い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
よろこぶ/喜ぶ/悦ぶ 「よろこぶ」には ①バ行上二段活用 ②バ行四段活用 の用法があるが、意味はどちらも同じである。中古以降、四段活用が一般的となった。 ①バ行上二段活用 |未然形|よろこび| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きゆ/消ゆ ヤ行下二段活用 |未然形|きえ| |連用形|きえ| |終止形|きゆ| |連体形|きゆる| |已然形|きゆれ| |命令形|きえよ| 意味1:自動詞 (形や感情が) 消えてなくなる、なく... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たかし/高し 形容詞・ク活用 |未然形|たかく|たかから| |連用形|たかく|たかかり| |終止形|たかし|◯| |連体形|たかき|たかかる| |已然形|たかけれ|◯| |命令形|◯|たかかれ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しかも/然も 「しかも」には、 ①連語 ②接続詞 としての用法がある。 連語 副詞「然」と係助詞「も」が一語になったもの。副詞とする考えもある。 意味1 そのように、そんなにも。 [出典]: 世... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うたかた/泡沫 名詞 意味 (水の上に浮く) 泡。 ※もろく消えやすいことから、古くからはかなさの例えとして用いられる。 [出典]: ゆく河の流れ 方丈記 「ゆく河の流れは絶えずして、しかももと... (全て読む)

1

2

3

4