新規登録 ログイン
検索条件
タグ 白河の関

1

9_80
Text_level_1
はじめに 原文 心もとなき日数重なるままに、白河の関にかかりて旅心定りぬ。 「いかで都へ」 と 便り求しも理なり。中にも此関は三関の一にして、風騒の人心をとどむ。秋風を耳に残し、紅葉を俤(おもか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道 白河の関 現代語訳はこちら 『奥の細道 白河の関』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 心もとなき(形容詞・ク活用・連体形) 日数 重ぬる(ナ行下二段活用・... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たより/頼り/便り 名詞 意味1 より所、頼みにできるもの。 [出典]: 筒井筒 伊勢物語 「さて、年ごろ 経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに...」 [訳]:さて、数年が経つうちに、女... (全て読む)

1