新規登録 ログイン
検索条件
タグ 能登殿最期

1

9_80
Text_level_1
平家物語『能登殿最期』の現代語訳と解説 ここでは、平家物語『能登殿最期』の「今はかうと思はれければ~」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をおこなっています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦... (全て読む)
9_80
Text_level_1
能登殿最期 ここでは、平家物語の中の『能登殿最期』の「今はかうと思はれければ〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦」と題するものもあるようです。 前回のテキスト... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『能登殿最期』 ここでは、平家物語『能登殿最期』の「およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ〜」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をおこなっています。書籍によっては「壇ノ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『内侍所都入』 ここでは、平家物語の中の『内侍所都入』の「新中納言、「見るべきほどのことは見つ。今は自害せん」とて〜」から始まる部分の現代語訳(口語訳)と解説を行っています。書籍によって... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『能登殿最期』 ここでは、平家物語『能登殿最期』の「およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ〜」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦」と題するも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『内侍所都入・能登殿最期』 ここでは、平家物語の中の『内侍所都入』の「新中納言、「見るべきほどのことは見つ。今は自害せん」とて〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。書籍によっては『... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いたく/甚く/いたう ※形容詞「いたし」から派生したもの。「いたく」のウ音便「いたう」の形で用いられることもある。 副詞 意味1 ひどく、はなはだしく。 [出典]: 芥川 伊勢物語 「神さへいと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いかに/如何に/奈何に 「いかに」には、 ①形容動詞の連用形 ②副詞 ③感動詞 としての用法がある。 ①形容動詞の連用形の用法 意味 どのように、どんなふうに。 ※この用法は、形容動詞「いかなり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かなふ/叶ふ/適ふ ①ハ行四段活用と②ハ行下二段活用がある。 ①ハ行四段活用 |未然形|かなは| |連用形|かなひ| |終止形|かなふ| |連体形|かなふ| |已然形|かなへ| |命令形|かなへ... (全て読む)

1