新規登録 ログイン
検索条件
タグ 満州事変

1

17_80
Text_level_1
満州事変 1931年、中華民国の柳条湖付近の鉄道で爆発騒ぎがおきました。 日本はこれを中華民国の仕業であるとして満州に侵略し、満州全土を占領します。そして清の最後の皇帝であった溥儀(ふぎ)を擁立... (全て読む)
4_80
Text_level_1
満州事変から国際連盟脱退への流れ 1931年、中国奉天の郊外、柳条湖(りゅうじょうこ)で満州鉄道が爆破される事件がおきました。 その土地にとどまっていた関東軍は、これを中国軍のしわざだと言って軍... (全て読む)
17_80
Text_level_2
軍部の台頭と満州事変 1920年代末、中国では国民政府の指導により、全土統一を果たそうとする動きが活発になっていきました。満州でも、爆殺事件により殺害された軍閥張作霖の息子張学良が、1928年に... (全て読む)

1