新規登録 ログイン
検索条件
タグ 高橋是清

1

17_80
Text_level_1
はじめに 二・二六事件とは、1936年2月26日に起こった、青年将校によるクーデター事件です。 当時の岡田首相を含む政治家数名を殺傷しましたが、結局未遂に終わりました。 背景 ロンドン軍縮会議に... (全て読む)
17_80
Text_level_2
各内閣のときに起こった事件年表 ここでは、第一次世界大戦後から昭和時代に入るまでの各内閣総理大臣、そしてその大臣の時期にどのような出来事がおこったのかについて記しています。 |寺内正毅|1916... (全て読む)
4_80
Text_level_1
五・一五事件と二・二六事件の違い この時期に国内でおこった事件では、五・一五事件と二・二六事件があります。 よくどっちがどっちだったっけ?となりますので、しっかりと覚えておきましょう。 五・一五... (全て読む)
17_80
Text_level_2
日露戦争 日本がロシアとの対立を深める中、桂内閣は軍備拡張を進めるために地租増徴の継続を目指しました。衆議院の多数派の立憲政友会はこれに反対しましたが、桂内閣は公債を財源とするなどの案を出し、次... (全て読む)
17_80
Text_level_2
日本による中国進出 日露戦争の勝利により、ロシアから日本が引き継いだ旅順・大連の租借権や南満州鉄道の権益は1920~30年代に期限切れになりつつありました。そこで日本は、ヨーロッパの勢力争いに列... (全て読む)
17_80
Text_level_2
戦後恐慌から金融恐慌へ 第一次世界大戦による好景気は、大戦後西欧列強の生産力回復に伴い終わりを告げ、日本の対外輸出は後退し、1919年(大正8年)には貿易収支が輸入超過となりました。1920年(... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国家主義改革運動の高まり 1930年代に入ると、ロンドン軍縮問題、満蒙問題、農村の疲弊など、さまざまな国内問題に対し軍部の青年将校や民間の国家主義団体による急進的な国家改造運動が活発になっていき... (全て読む)

1


知りたいことを検索!