新規登録 ログイン
検索条件
タグ はしたなきもの

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、清少納言が書いた枕草子から、「はしたなきもの」(はしたなきもの。異人を呼ぶに、われぞとさし出でたる〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 原文 はした... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『はしたなきもの』 ここでは、清少納言の書いた「枕草子」の中の「はしたなきもの」の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 枕草子『はしたなきもの』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分解 ※名... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はしたなきもの はしたなきもの。こと人をよぶに、我ぞとてさしいでたる。ものなどとらするをりは、いとど。おのづから人の上などうちいひそしりたるに、おさなき子どものききとりて、その人のあるにいひいで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はしたなし/端なし 形容詞・ク活用 |未然形|はしたなく|はしたなから| |連用形|はしたなく|はしたなかり| |終止形|はしたなし|◯| |連体形|はしたなき|はしたなかる| |已然形|はした... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さしいづ/差し出づ ※「射し出づ」と書く場合もある。 ダ行下二段活用 |未然形|さしいで| |連用形|さしいで| |終止形|さしいづ| |連体形|さしいづる| |已然形|さしいづれ| |命令形|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おのづから/自ら 副詞 意味1 自然に、ひとりでに。 [出典]: 花山院の出家 大鏡 「いかにかくは思し召しならせおはしましぬるぞ。ただ今過ぎば、おのづから障りも出でまうで来なむ。」 [訳]:ど... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うちいふ/打ち言ふ ハ行四段活用 |未然形|うちいは| |連用形|うちいひ| |終止形|うちいふ| |連体形|うちいふ| |已然形|うちいへ| |命令形|うちいへ| 意味:他動詞 ちょっと言う、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ききとる/聞き取る ラ行四段活用 |未然形|ききとら| |連用形|ききとり| |終止形|ききとる| |連体形|ききとる| |已然形|ききとれ| |命令形|ききとれ| 意味:他動詞 聞いて覚える、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つと 「つと」には ①副詞 ②名詞「 苞/苴」 などの用法があるが、ここでは「①副詞としての用法」を扱う。 副詞 意味1 じっと、そのまま、ぴたりと。 [出典]:大和物語 「かくてほかへもさらに... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ことになす/異になす 連語 名詞「異」と格助詞「に」、そしてサ行四段活用の動詞「なす」が一語になったもの。サ行四段活用の動詞「ことになす」と捉える場合は、活用は次の通り。 サ行四段活用 |未然形... (全て読む)

1

2

3

4