新規登録 ログイン
検索条件
タグ かぐや姫の嘆き

1

9_80
Text_level_1
『かぐや姫の嘆き』 このテキストでは、竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」の現代語訳と解説を行っています。 原文 八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣きたまふ。人目も今はつつみ給はず... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かぐや姫の嘆き 現代語訳はこちら 竹取物語『かぐや姫の嘆き』わかりやすい現代語訳と解説 ※名詞は省略してあります。 八月十五日 ばかり(副助詞) の(格助詞) 月 に(格助詞) 出でゐ(ワ行上一... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かぐや姫の嘆き 前回のテキストはこちら 『かぐや姫の嘆き』の品詞分解1(八月十五日ばかりの月に~) ※名詞は省略してあります。 かぐや姫 の(格助詞) いはく(ハ行四段活用「言ふ」のク語法)、 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たまふ/給ふ/賜ふ ハ行四段活用(尊敬語の用法)とハ行下二段活用(謙譲語の用法)がある。 ハ行四段活用(尊敬語の用法) |未然形|たまは| |連用形|たまひ| |終止形|たまふ| |連体形|たま... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころばへ/心延へ 名詞 意味1 心の様子、気立て。 [出典]: かぐや姫の嘆き 竹取物語 「心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見ならひて、恋しからむことの堪へがたく、湯水飲まれず、同じ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きこゆ/聞こゆ ヤ行下二段活用 |未然形|きこえ| |連用形|きこえ| |終止形|きこゆ| |連体形|きこゆる| |已然形|きこゆれ| |命令形|きこえよ| 意味1:他動詞 (言ふの謙譲語で)申... (全て読む)

1