新規登録 ログイン
検索条件
タグ 海賊の恐れ

1

9_80
Text_level_1
土佐日記『海賊の恐れ』 このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の「海賊の恐れ」(二十三日、日照りて曇りぬ〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文 二十三日、日照りて曇りぬ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
海賊の恐れ 現代語訳はこちら 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 二十三日、 日 照り(ラ行四段活用・連用形) て(接続助詞) 曇り(ラ行四段活用・連用形) ぬ(完了の助動詞・終止形)。 「こ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
海賊の恐れ 一月二十三日 二十三日。日照りて曇りぬ。 「このわたり、海賊の恐りあり」 と言へば、神仏を祈る。 一月二十四日 二十四日。昨日の同じ所なり。 一月二十五日 二十五日。楫取らの 「北風... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あし/悪し 形容詞・シク活用 |未然形|あしく|あしから| |連用形|あしく|あしかり| |終止形|あし|◯| |連体形|あしき|あしかる| |已然形|あしけれ|◯| |命令形|◯|あしかれ| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きこゆ/聞こゆ ヤ行下二段活用 |未然形|きこえ| |連用形|きこえ| |終止形|きこゆ| |連体形|きこゆる| |已然形|きこゆれ| |命令形|きこえよ| 意味1:他動詞 (言ふの謙譲語で)申... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まじる/交じる/混じる/雑じる ラ行四段活用 |未然形|まじら| |連用形|まじり| |終止形|まじる| |連体形|まじる| |已然形|まじれ| |命令形|まじれ| 意味1:自動詞 入り交じる、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いつしか/何時しか ※「いつしか」は ①副詞 ②連語 としての用法がある。 ①副詞 意味1 早く、早速。 ※この用法の場合、「いつしか〜願望」の形をとる。 [出典]: 桐壷 源氏物語 「いつしか... (全て読む)

1