新規登録 ログイン
検索条件
タグ インド

1

2

3

4

18_80
Text_level_2
はじめに 中国ではインドから仏教がもたらされ、信者を増やしていきますが、この広がりと共に、仏法という仏の教えを求めに、インドへ旅立った僧侶たちがいました。このテキストでは、その代表的な僧侶たちを... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに インドといえば、現在世界でも人口の多い国の1つとして知られていますね。 このテキストでは、インドに興った古代文明について勉強しましょう。 インダス文明の成立 紀元前2300年ころから、... (全て読む)
19_80
Text_level_1
はじめに ここでは、2011年度で人口の多かった国と少なかった国のトップ10をまとめています。 (※2011年のデータ) 人口の多い国 |-|国名|人数(万人)|地域| |1|中国|13億489... (全て読む)
18_80
Text_level_2
三角貿易とは 三角貿易は、二国間で行われていた貿易のどちらかが長期的に赤字状態が続いた場合、それを是正するために第三国を取り入れることで行われる貿易のことです。 ここでは、19世紀に行われた、大... (全て読む)
5_80
Text_level_1
はじめに 現在、世界に存在している国や地域(国と主張するも、国として認められていないもの)は200を超えています。国名にはそれぞれ由来があり、 前回は日本、アメリカ、オランダ、エクアドルについて... (全て読む)
18_80
Text_level_2
インダス文明と諸王朝で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 インダス文明 ・世界四大文明の一つとして、インドではメソポタミア... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに 現在では、世界第2位の人口を有する国として、世界経済で重要な地位を占めるインドですが、以前は大英帝国の植民地でした。 このテキストでは、インドの植民地化とイギリス経済への影響を中心に解... (全て読む)
19_80
Text_level_1
日本では近年、少子高齢化が叫ばれ社会保障制度の維持が難しいと危惧されています。 では世界各国に目を向けると、どのような情勢なのでしょうか。 世界の総人口が70億人を突破し、100年後には100億... (全て読む)
18_80
Text_level_2
イギリス産業革命とは 産業革命は、18世紀後半にイギリスで始まりました。 イギリスで産業革命がおこった理由は以下であると言われています。 (1)重商主義政策などによる16世紀以降の資本蓄積 (2... (全て読む)
18_80
Text_level_2
イギリスと清の貿易関係 18世紀以降、イギリスは競合国であるポルトガルやオランダの勢力を一掃し、清朝との貿易を独占していました。 ところが1757年以降、乾隆帝の時代に広州が唯一の外国貿易港と決... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!