新規登録 ログイン
検索条件
タグ 門出

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女の書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記 門出(馬のはなむけ) ここでは、紀貫之が著した土佐日記の中の「門出」の「男もすなる日記といふものを〜」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「馬のはなむけ」と題する... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女が書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ」と題... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路のあとに)』 更級日記『門出(東路のあとに)』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、設問に答えよ 東路の道の果てよりも、なほ奥つ方に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『門出』 ここでは、土佐日記の中の『門出』の「男もすなる日記といふものを」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文(本文) 男も(※1)すなる日記といふものを、女... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『門出』 ここでは、土佐日記の中の『門出』の「二十三日。八木のやすのりといふ人あり」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 ※前回のテキスト: 『男もすなる日記といふ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『門出』 ここでは、土佐日記の中の『門出』の「二十三日。八木のやすのりといふ人あり」から始まる部分の品詞分解を行っています。 ※前回のテキスト: 『男もすなる日記といふものを〜』の品詞分... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しる/知る 「しる」には ①「知る」 ②「 治る/領る」 ③「 痴る」 などの用法があり、それぞれ意味が異なる。ここでは「知る」を扱う。 ※参照: 治る/領る/痴るの用法 知る 「知る」には、ラ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
としごろ/年頃/年来/年比 「としごろ」には、 ①名詞 ②副詞 としての用法がある。 ①名詞 「としごろ+の・に・より・も」または「〜の+としごろ」の形であれば名詞。 意味1 長年、ここ数年。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うまのはなむけ/馬の餞 名詞 意味 道中の安全を祈願し行う送別の宴。 「うまのはなむけ」とは、旅立つ人の道中の安全を祈願し行う送別の宴またはそのときに贈る餞別のこと。旅立ちのときに、馬の鼻先を旅... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!