新規登録 ログイン
検索条件
タグ フランス革命

1

2

3

4

18_80
Text_level_2
社会契約説の登場 グロティウスの著作を通じて、自然法の重要性が認識されるようになると、新たな政治思想として社会契約説が現れます。 社会契約説とは、自然法を基礎として、「社会も国家も人々一人ひとり... (全て読む)
18_80
Text_level_2
世界史の中でも、大きな変革期であったフランス革命はどのようなきっかけで起こり、進展していったのでしょう。その様子を数回にわけて書いていきます。 革命前のフランス社会 18世紀のフランスは、アン... (全て読む)
18_80
Text_level_1
はじめに フランス革命の末期、混乱するフランスに現れた英雄がナポレオン=ボナパルトです。 このテキストでは、ナポレオンがどういった歴史的背景から登場し、その後ヨーロッパにどのような影響を与えたの... (全て読む)
18_80
Text_level_2
立法議会の成立 オーストリア・プロイセン両国によるピルニッツ宣言が出されたことで、フランス国内に緊張が走ります。 こうした中、1791年憲法による選挙が行われ、国民議会を解散し、新たに一院制の立... (全て読む)
18_80
Text_level_2
皇帝ナポレオンの即位 1804年、ナポレオン=ボナパルトは、国民の圧倒的支持を受けて合法的に皇帝に即位します。 (ナポレオンの戴冠式:皇后ジョセフィーヌにナポレオンが戴冠) 皇帝ナポレオン1世の... (全て読む)
22_80
Text_level_1
前回の続き 前回はグロティウスの唱えた自然法を最初に考え、それから派生した社会契約説(特にホッブス)について説明をしました。今回はその2回目で、ここではロックについてみていきましょう。 ホッブス... (全て読む)
18_80
Text_level_1
ナポレオンの敗北とウィーン会議 ナポレオンは、最大の決戦だったライプチヒの戦いに敗れ、1814年4月に退位し、エルバ島に幽閉されました。 1814年4月に、第1次パリ平和条約が結ばれ、フランス... (全て読む)
18_80
Text_level_1
アンリ4世(在位1589~1610) ・アンリ3世が暗殺されヴァロワ朝が途絶えると、フランス王に即位し、ブルボン朝の始祖になりました。 ・当時旧教徒と新教徒が戦っていたユグノー戦争を終結させる... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アメリカ独立革命で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 北アメリカの植民地 ・1584年から1585年にかけて、エリザベス1... (全て読む)
18_80
Text_level_2
フランス革命のはじまりで押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 アンシャン=レジーム ・フランスには、以前から国王を頂点とした封... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!