新規登録 ログイン
検索条件
タグ 文法

1

9_80
Text_level_1
『肝試し(道長の豪胆)』 ここでは、大鏡の中の『『肝試し・道長の豪胆』の『「子四つ。」と奏して〜』から始まる部分の現代語訳と解説をしています。 ※前回のテキスト: 大鏡『肝だめし・道長の豪胆(さ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『肝だめし(道長の豪胆)』 ここでは、大鏡の中の『『肝試し・道長の豪胆』の「さるべき人は、とうより〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。 ※前回のテキスト: 『四条の大納言のかく何事も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『狩りの使ひ』 ここでは、伊勢物語の中の『狩りの使ひ』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 昔、男ありけり。その男、伊勢の国に狩りの使ひに行きけるに、かの伊勢の斎宮なりける人の親... (全て読む)
1_80
Text_level_1
返り点 漢文を勉強する上で、最初に登場するもの。それが返り点です。漢文を読んだり書き下し文にするときには必ず出てきます。 返り点には大きくわけて4種類があります。「レ点」「一二三点」「上中下点」... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『肝試し(道長の豪胆)』 このテキストでは、大鏡の中の『肝試し(道長の豪胆)』の「さるべき人は、とうより〜」から始まる部分の品詞分解をしています。 ※前回のテキスト: 『四条の大納言のかく何事も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『肝試し(道長の豪胆)』 このテキストでは、大鏡の中の『肝試し・道長の豪胆』の「子四つと奏して〜」から始まる部分の品詞分解をしています。 ※前回のテキスト: 『肝試し・道長の豪胆(さるべき人は、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
花は盛りに このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「花は盛りに」の「望月の隈なきを、千里の外まで眺めたるよりも〜」から始まる部分の品詞分解をしています。 ※前回のテキスト: 『花は盛りに... (全て読む)
11_80
Text_level_1
現在形の文 現在形は、その名のとおり、現在のことを表す言い方です。 ただし、「現在」といっても「今この瞬間」だけを表すわけではありません。 図のように、「現在」を少し広めにイメージしておくと、分... (全て読む)
11_80
Text_level_1
文と単語  実質的に、英語の文を作るという作業は、「単語(語)」を並べるという行為でほとんど成り立っています。 品詞  単語をその意味や機能などによって分類したものを「品詞」と呼びます。 名詞 ... (全て読む)

1


知りたいことを検索!