新規登録 ログイン
検索条件
タグ 白玉か

1

9_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川・白玉か』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の『芥川』の「昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
芥川(白玉か) このテキストでは、伊勢物語の中の『芥川』(昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「白玉か」と題するものもあるようです。 ※現代語訳:... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語 『芥川(白玉か)』 伊勢物語 『芥川(白玉か)』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、設問に答えよ 昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
からうじて/辛うじて ※「からくして」がウ音便形である「からうじて」に変化したもの。 副詞 意味 ようやく、やっとのことで。 [出典]: 芥川・白玉か 伊勢物語 「女の、え得まじかりけるを、年を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なんぞ/何ぞ ※「なんぞ」は ①副詞 ②連語 としての用法がある。 ①副詞 意味1 (疑問の意味で) どうして〜か。 [出典]: ある人、弓射ることを習ふに 徒然草 「なんぞ、ただ今の一念におい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふく/更く/深く 「ふく」には ①更く/深く ②老く ③吹く ④ 葺く などの用法があるが、ここでは「①更く/深く」を扱う。 カ行下二段活用 |未然形|ふけ| |連用形|ふけ| |終止形|ふく|... (全て読む)

1