新規登録 ログイン
検索条件
タグ おほかたの意味

1

9_80
Text_level_1
『絵仏師良秀』 このテキストでは、宇治拾遺物語のなかの一節、『絵仏師良秀』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。ちなみにこの物語は、芥川龍之介の「地獄変」のモデルとなったと言われています。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、沙石集の一節「三文にて歯二つ」の現代語訳と文法解説を行っています。 原文 南都に、歯取る唐人ありき。ある在家人の、慳貪にして利養を先とし、事にふれて商ひ心のみありて、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「おほかたは月をもめでじこれぞこの積もれば人の老いとなるもの」という歌について説明していきます。 原文 おほかたは月をもめでじこれぞこの積もれ... (全て読む)

1