新規登録 ログイン
検索条件
タグ あさましの意味

1

9_80
Text_level_1
十訓抄『大江山の歌』 ここでは、十訓抄の中の『大江山の歌』(和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『小式部内侍が大江山の歌の事』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
今昔物語『検非違使忠明』 このテキストでは、今昔物語集に収録されている『検非違使忠明・けびいしただあきら』(今は昔、忠明といふ検非違使ありけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。この話... (全て読む)
9_80
Text_level_1
今昔物語『阿蘇の史』 このテキストでは、今昔物語の一節「阿蘇の史」の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては、『阿蘇の史、盗人にあひてのがるること』と題するものもあるようです。 原文 今は昔... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古本説話集の中の一節『観音様のご加護』の現代語訳と解説をしています。 原文 今は昔、身いとわろくて過ごす女ありけり。時々来る男来たりけるに、雨に降りこめられて居たるに、 「い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語『蓬莱の玉の枝』その5 このテキストでは、竹取物語の中の「蓬莱の玉の枝」の現代語訳と解説を行っています。少し長いので、5回にわけて説明をしていますが、このテキストはその最終回です。 前回... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蓬莱の玉の枝 現代語訳はこちら 前回はこちら 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 これ を(格助詞)、 かぐや姫 聞き(カ行四段活用・連用形) て(接続助詞)、 「こ の(格助詞) 奉る(ラ行... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蓬莱の玉の枝 このテキストでは、竹取物語の中の『蓬莱の玉の枝』(かかるほどに、男ども六人、つらねて、庭にいで来たり〜)の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 『蓬莱の玉の枝(かかるほどに、男ど... (全て読む)

1