新規登録 ログイン
検索条件
タグ あやしの意味

1

9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女の書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かぐや姫の生い立ち ここでは、竹取物語の冒頭の中の『かぐや姫の生い立ち』(今は昔、竹取の翁といふものありけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本文) 今は昔、竹取の翁といふも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かぐや姫のおひたち 原文(本文) 今は昔、竹取の翁といふもの ありけり。野山に まじりて竹を取りつつ、 よろづのことに 使ひけり。名をば、さぬきの造と なむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『桜木の精』 このテキストでは、今物語の中にある、「桜木の精」(小式部内侍、大二条殿におぼしめされけるころ〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。今物語は鎌倉時代に作られた物語です。 解説... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語『蓬莱の玉の枝』その3 このテキストでは、竹取物語の中の「蓬莱の玉の枝」の現代語訳と解説を行っています。少し長いので、5回にわけて説明をしていますが、このテキストはその3回目です。 前回... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、兼好法師の書いた徒然草「をりふし移り変はること」(灌仏のころ、祭りのころ、若葉の梢涼しげに茂りゆくほどこそ〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。少し長いので2回にわ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の中の「那須野」の章について解説しています。 原文 那須の黒羽と云所に知人あれば、是より野越にかかりて、直道をゆかんとす。遥に一村を見かけて行くに、雨... (全て読む)

1