新規登録 ログイン
検索条件
タグ やうやうの意味

1

9_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川・白玉か』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の『芥川』の「昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『春は曙(あけぼの)』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から、冒頭の「春はあけぼの〜」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文(本文) 春は あけぼの。 やうやう白くなりゆ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、清少納言の書いた枕草子の冒頭、「春はあけぼの~」から「冬はつとめて」までをみていきます。 品詞分解 【原文】 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる... (全て読む)
1_80
Text_level_1
春はあけぼのの品詞分解 清少納言が書いた枕草子の中から、「春はあけぼの」の品詞分解を行っています。 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 |春|ー| |は|係助詞| |あけぼの。|ー| |やうや... (全て読む)

1