新規登録 ログイン
検索条件
タグ 旅立ち

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
奥の細道 旅立ち ここでは「奥の細道」の冒頭「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説、そして品詞分解を行っています。 タイトルが書籍によって... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、江戸時代に松尾芭蕉が東北・北陸を旅したときに記した紀行文『奥の細道』の中の「漂白の思い(漂泊の思ひ)」を現代語訳しています。「旅立ち」や「旅こそ栖」というタイトルで書かれてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道 冒頭 ここでは「奥の細道」の冒頭「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり」から始まる部分の品詞分解を行っています。 タイトルが書籍によって様々で、「おくのほそ道」や「冒頭」、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なく/泣く/鳴く 「なく」には ①カ行四段活用 ②カ行下二段活用 の用法がある。 ①カ行四段活用 |未然形|なか| |連用形|なき| |終止形|なく| |連体形|なく| |已然形|なけ| |命令... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はくたい/百代 名詞 意味 永遠、長い年月、長い時間。 [出典]: 漂泊の思い・旅立ち 奥の細道 「月日は百代の 過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。」 [訳]:月日は永遠に(終わることのない... (全て読む)
9_80
Text_level_1
くゎかく/過客 名詞 意味 旅人。 [出典]: 漂泊の思い・旅立ち 奥の細道 「月日は 百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。」 [訳]:月日は永遠に(終わることのない旅をする)旅人(のよ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ゆきかふ/行き交ふ ハ行四段活用 |未然形|さそは| |連用形|さそひ| |終止形|さそふ| |連体形|さそふ| |已然形|さそへ| |命令形|さそへ| 意味1:自動詞 行ったり来たりする、往来... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しす/死す サ行変格活用 |未然形|しせ| |連用形|しし| |終止形|しす| |連体形|しする| |已然形|しすれ| |命令形|しせよ| 意味:自動詞 死ぬ。 [出典]: 漂泊の思ひ・旅立ち ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さすらふ/流離ふ 「さすらふ」には、 ①ハ行四段活用 ②ハ行下二段活用 の用法があるが、意味はどちらも同じ。 ①ハ行四段活用 |未然形|さすらは| |連用形|さすらひ| |終止形|さすらふ| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
そぞろがみ/漫ろ神 名詞 意味 人の心に取り憑いてなんとなく人の心を誘い動かす神。 [出典]: 漂泊の思ひ・旅立ち 奥の細道 「やや年も暮れ、春立てる霞の空に、白河の関越えんと、そぞろ神の物につ... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!