新規登録 ログイン
検索条件
タグ 新古今和歌集

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「玉の緒よ絶えねば絶えね ながらへば忍ぶることの弱りもぞする」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。ちなみにこの歌は、小倉百人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。藤原定家が詠んだ歌で、三夕... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 心なき身にも あは... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ちどまりつれ」という歌について説明していきます。 原文 道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ち... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「寂しさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の夕暮れ」という歌について説明していきます。 原文 寂しさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、新古今和歌集で詠まれている「春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空」という歌について説明していきます。 原文 春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空 現代語訳 春... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「見渡せば山もとかすむ水無瀬川 夕べは秋となに思ひけむ」という歌について説明していきます。 原文 見渡せば山もとかすむ水無瀬川 夕べは秋とな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『新古今和歌集』に収録されている歌「駿河なる宇津の山べのうつつにも夢にも人に逢はぬなりけり」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の6段『 芥川』そして『新古今和歌集』に収録されている歌「白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をして... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍りて出づる有明の月」という歌について説明していきます。藤原家隆が詠んだ歌です。 原文 志賀の浦や遠ざかりゆ... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!