新規登録 ログイン
検索条件
タグ 万葉集

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」という歌について説明していきます。 原文 あかねさす紫野行き標野(しめの)行き 野守は見ずや君... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 ※この歌の長歌: 「天... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ いづくより来りしものそ目交にもとなかかりて安眠しなさぬ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「紫草のにほへる妹を憎くあらば 人妻ゆゑに我恋ひめやも」という歌について説明していきます。 原文 紫草(むらさき)のにほへる妹を憎くあらば 人妻ゆ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ」という歌の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。 書籍によっては、「春の苑紅にほふ桃の花下... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだ悲しき」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 多摩川に さらす手作... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事」という歌について説明していきます。 原文 新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事 現... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「父母が頭かきなで幸くあれて言ひし言葉ぜ忘れかねつる」という歌について説明していきます。 原文 父母が頭かきなで幸くあれて 言ひし言葉ぜ忘れかねつ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山」という歌について説明していきます。 原文 春 過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「銀も金も玉も何せむに勝れる宝子に及かめやも」という歌について説明していきます。 原文 銀も金も玉も何せむに勝れる宝子に及かめやも 現代語訳(口語... (全て読む)

1

2

3

4