新規登録 ログイン
検索条件
タグ 猫また

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
猫また このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 徒然草『猫また』現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は省... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しる/知る 「しる」には ①「知る」 ②「 治る/領る」 ③「 痴る」 などの用法があり、それぞれ意味が異なる。ここでは「知る」を扱う。 ※参照: 治る/領る/痴るの用法 知る 「知る」には、ラ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
見知る/みしる ラ行四段活用 |未然形|みしら| |連用形|みしり| |終止形|みしる| |連体形|みしる| |已然形|みしれ| |命令形|みしれ| 意味1:他動詞 見て知っている、わかる。 [... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あやまたず/過たず 連語 タ行四段活用「あやまつ」の未然形「あやまた」と、打消の助動詞「ず」があわさったもの。 意味 まちがいなく、ねらいどおりに。 [出典]: 猫また 徒然草 「ある所にて夜更... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かきつく/掻き付く 「かきつく」には ①掻き付く ② 書き付く などの用法があるが、ここでは「①掻き付く」を扱う。 カ行四段活用 |未然形|かきつか| |連用形|かきつき| |終止形|かきつく|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふせく/防く ※中世以降は「ふせぐ」と読む。 カ行四段活用 |未然形|ふせか| |連用形|ふせき| |終止形|ふせく| |連体形|ふせく| |已然形|ふせけ| |命令形|ふせけ| 意味1:他動詞... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きもこころ/きもごころ/肝心 名詞 意味 正気、精神。 [出典]: 猫また 徒然草 「小川の端にて、音に聞きし猫また、あやまたず、足許へふと寄り来て、やがてかきつくままに、頸のほどを食はんとす。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ころびいる/転び入る ラ行四段活用 |未然形|ころびいら| |連用形|ころびいり| |終止形|ころびいる| |連体形|ころびいる| |已然形|ころびいれ| |命令形|ころびいれ| 意味:自動詞 ... (全て読む)

1

2

3

4