新規登録 ログイン
検索条件
タグ 源義仲

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『木曽の最期(木曾左馬頭、その日の装束には~)』 このテキストでは、平家物語の中の一説「木曾最期」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 あらすじ 以仁王(もちひとおう:後白河天皇の子)の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期(今井四郎、木曽殿、主従二騎になつてのたまひけるは~)』 ここでは平家物語の一節、「木曽の最期」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※前回のテキスト: 「木曾左馬頭、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』 このテキストでは、平家物語の中の一説「木曾最期」の「今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り~」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては... (全て読む)
17_80
Text_level_1
治承・寿永の乱 治承・寿永の乱は、政権を担っていた平氏が没落し、変わって源氏が幕府を開くようになるまでの間に起こった内乱のことを言います。日本全国レベルで起こった初めての内乱と言われています。こ... (全て読む)
17_80
Text_level_2
平氏政権 1167年に平清盛が武士として初めて太政大臣になるなど、平氏は平安時代末期に栄華を極めていました。しかしそれを面白く思っていなかったのが、政権をとられた公家や、もともと対立していた源氏... (全て読む)
17_80
Text_level_2
源平の争乱 平清盛が後白河法皇を幽閉し、平氏の専制政治が続くと思われましたが、その繁栄は長くは続きませんでした。 1180年(治承4年)、平清盛が孫の安徳天皇を即位させると、後白河法皇の第二皇子... (全て読む)
9_80
Text_level_1
をめく/喚く カ行四段活用 |未然形|をめか| |連用形|をめき| |終止形|をめく| |連体形|をめく| |已然形|をめけ| |命令形|をめけ| 意味:自動詞 大声を出す、叫ぶ、大声で叫ぶ。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かく/駆く/駈く 動詞「かく」には ① 欠く ②駆く/駈く ③舁く ④掛く/懸く ⑤掻く などの用法があるが、ここでは「②駆く/駈く」を扱う。 カ行下二段活用 |未然形|かけ| |連用形|かけ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あます/余す サ行四段活用 |未然形|あまさ| |連用形|あまし| |終止形|あます| |連体形|あます| |已然形|あませ| |命令形|あませ| 意味1:他動詞 もてあます、余計な者として扱う... (全て読む)
9_80
Text_level_1
もらす/漏らす/洩らす サ行四段活用 |未然形|もらさ| |連用形|もらし| |終止形|もらす| |連体形|もらす| |已然形|もらせ| |命令形|もらせ| 意味1:他動詞 (水や涙などを) こ... (全て読む)

1

2

3

4