新規登録 ログイン
検索条件
タグ 菅原道真

1

2

3

4

17_80
Text_level_2
はじめに 学問の神様として太宰府天満宮に祀られている菅原道真ですが、もともとは御所で政治を取り仕切る右大臣でした。そういった人物がなぜ、福岡の地で学問の神様として祀られているのでしょうか。 菅原... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 古典の中に「右大臣」や「大納言」といった役職がでてきます。 ちょくちょく目にはしますが、一体どの役職がどれくらいの地位にあるのかという疑問にお答えしたいと思います。(政治の役職について... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『菅原道真の左遷(東風吹かば)』 ここでは、大鏡の「時平」から、「醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて年いと若くておはします〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『菅原道真の左遷(東風吹かば)』 ここでは、大鏡の「時平」から、「醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて年いと若くておはします〜」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては、『菅原道... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『菅原道真の左遷(都府楼の鐘)』 ここでは、大鏡の中の『菅原道真の左遷』の中から「筑紫におはします所の御門固めておはします。」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。書籍によっては『都府楼の... (全て読む)
17_80
Text_level_2
他氏排斥 平安時代に栄華をおさめた藤原氏ですが、そこにはもちろん、他の貴族(伴氏、橘氏、紀氏、源氏など)との権力をめぐる争いがありました。他の有力貴族を地方へと飛ばしたり、滅ばしたり、ときには皇... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『菅原道真の左遷(都府楼の鐘)』 ここでは、大鏡の中の『菅原道真の左遷』の中から「筑紫におはします所の御門固めておはします。」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては『都府楼の鐘』と... (全て読む)
10_80
Text_level_1
菅原道真『不出門』 ここでは菅原道真が詠んだ『不出門』の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。 白文(原文) 左から右によんでください。 一 從 謫 落 在 柴 荊 万 死 兢... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こち/東風 名詞 意味 東から吹いてくる風。 [出典]:拾遺和歌集 1006 菅原道真 「東風吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春を忘るな。」 [訳]:(春になって)東の風が吹いたならば... (全て読む)
17_80
Text_level_2
藤原氏の発展 始祖藤原鎌足やその子不比等など、藤原氏は律令国家建設の大きな尽力者でした。そのため、律令国家体制が確立していく中で、官僚貴族として隆盛を誇っていきました。 大伴氏など、他の氏族は律... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!