新規登録 ログイン
検索条件
タグ 大隈重信

1

4_80
Text_level_1
江戸幕府の末期、そして明治維新を経て新政府の設立の中心となったのが薩摩・長州・土佐・肥前出身の若者たちでした。 この4つの藩を合わせて薩長土肥(さっちょうとひ)と言います。 ここではそれぞれの藩... (全て読む)
17_80
Text_level_1
薩長土肥出身の有名人 江戸幕府の末期、そして明治維新を経て新政府の設立の中心となったのが薩摩・長州・土佐・肥前出身の若者たちでした。 この4つの藩を合わせて薩長土肥(さっちょうとひ)と言います。... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国会開設の勅の背景 板垣退助が民撰議院設立建白書を政府に提出してから、世論でも国会開設への気運は高まっていきます。板垣は愛国社や国会期成同盟と、今で言う政治団体を結成し世論を動かします。 そんな... (全て読む)
18_80
Text_level_2
東アジアの民族運動で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 第一次世界大戦と東アジア ・1915年、日本の大隈内閣が中国の袁世... (全て読む)
17_80
Text_level_2
身分制度改革 中央集権化を進める中、明治政府は身分制度改革にも着手しました。版籍奉還により藩主と藩士の主従関係が解消されたため、封建的身分制度を改め、大名・上層公家を華族、一般武士を士族、農工商... (全て読む)
17_80
Text_level_2
立憲政治 江戸幕府の文久年間に、蕃書調所所属の洋学者加藤弘之は、『隣草』を著し、欧米諸国の立憲政治を日本に紹介しました。また、彼は明治新政府に仕えたのちも、『立憲政体略』『真政大意』『国体新論』... (全て読む)
17_80
Text_level_2
明治憲法の制定 1883年(明治16年)にヨーロッパから帰国した伊藤博文は、1886年(明治19年)から、ドイツ人顧問ロエスレルとモッセの助言を受けながら、井上毅・伊東巳代治・金子堅太郎とともに... (全て読む)
17_80
Text_level_2
憲政擁護運動 日露戦争後、東アジアの強国としての地位を確立した日本は、1907年(明治40年)の帝国国防方針で陸軍を17個師団から25個師団に増師し、海軍では戦艦・巡洋艦各8隻を中心とした八・八... (全て読む)

1


知りたいことを検索!