新規登録 ログイン
検索条件
タグ 板垣退助

1

17_80
Text_level_1
征韓論から民撰議院設立建白書の提出へ 1871年~1873年の間、岩倉使節団として、岩倉具視を団長とする政府の要人たちが最先端の政府の仕組みや憲法を勉強するために海外へと留学に行っています。この... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国会開設の勅の背景 板垣退助が民撰議院設立建白書を政府に提出してから、世論でも国会開設への気運は高まっていきます。板垣は愛国社や国会期成同盟と、今で言う政治団体を結成し世論を動かします。 そんな... (全て読む)
17_80
Text_level_2
明治維新 大政奉還後、新政府側は徳川慶喜を政権に加えず、辞官納地を求めました。この新政府による徳川氏への対応に、旧幕臣や会津・桑名藩士たちは憤激しました。一度大坂に引き上げた徳川慶喜は、1868... (全て読む)
17_80
Text_level_2
立憲政治 江戸幕府の文久年間に、蕃書調所所属の洋学者加藤弘之は、『隣草』を著し、欧米諸国の立憲政治を日本に紹介しました。また、彼は明治新政府に仕えたのちも、『立憲政体略』『真政大意』『国体新論』... (全て読む)

1