新規登録 ログイン
検索条件
タグ 2次関数

1

2

3

4

12_80
Text_level_1
2次関数の値域 前回は、下に凸の2次関数の値域について説明をしました。 今回はその逆で上に凸の2次関数の値域について説明をします。 前回を読んでいない人は、まずそちらから読んでくださいね。 グラ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数の最大最小値は、 xの定義域によってその値が変化します。 次の問題を一緒に解いてみましょう。 y=x ^{2} -2x+4 …①のグラフにおいて 1:-1≦x≦0 2:0≦x≦2 3:2... (全て読む)
12_80
Text_level_1
前回のダイジェスト 前回は下向きに凸な2次関数のグラフにおけるyの最大最小値について説明をしました。 今回は上向きに凸な2次関数のおける最大最小値についてです。 早速、問題を一緒に解きながら説明... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数の値域 1次関数と同じように、2次関数でも、「値域を求めなさい」という問題がでてきます。 値域 値域についておさらいをしてみましょう。 値域とは、y=f(x)において、 xがとる範囲の中... (全て読む)
12_80
Text_level_2
2次関数の定義域が 0≦x≦aのときの最小値 前回の記事では定義域が決まっていない2次関数における最大値を求めました。今度は最小値を求めてみましょう。 最小値 y=x ^{2} -4x+5 にお... (全て読む)
12_80
Text_level_2
判別式から2次関数の値を求める方法 y=4x ^{2} -3ac+2  がx軸と2つの交点を持つようなときのaの範囲を求めなさい。 このような問題があったとしましょう。 「x軸との交点」と聞いて... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数の頂点の求め方 「2次関数のグラフを描け」という問題がでてきたときに、まずやらなければならないことはグラフの頂点の座標を求めることです。ここではその頂点の求め方について説明します。 y=... (全て読む)
12_80
Text_level_1
y=x ^{2} + \left(k+3\right) x+ \frac{1}{4} k ^{2} +k+2 のグラフとx軸との接点の数は、kの値によってどう変化するかを考えなさい。 難しそう... (全て読む)
12_80
Text_level_2
2次関数の定義域が 0≦x≦a 2次関数の最大最小値の問題で、定義域が変数で与えられている場合があります。 y=x ^{2} -4x+5 においてxの定義域が 0≦x≦aのときの最大値を求めなさ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
x軸との交点の座標 f \left(x\right) =x ^{2} -2x-2 という2次関数のグラフと、x軸との交点の座標を求めてみましょう。 まずf(x)のグラフを描いてみます。 f \l... (全て読む)

1

2

3

4