新規登録 ログイン
検索条件
タグ 松岡洋右

1

17_80
Text_level_1
満州事変 1931年、中華民国の柳条湖付近の鉄道で爆発騒ぎがおきました。 日本はこれを中華民国の仕業であるとして満州に侵略し、満州全土を占領します。そして清の最後の皇帝であった溥儀(ふぎ)を擁立... (全て読む)
17_80
Text_level_2
軍部の台頭と満州事変 1920年代末、中国では国民政府の指導により、全土統一を果たそうとする動きが活発になっていきました。満州でも、爆殺事件により殺害された軍閥張作霖の息子張学良が、1928年に... (全て読む)
17_80
Text_level_2
世界情勢の急激な変化 1930年代後半、ナチス=ドイツの対外侵略の危機が高まり、イギリス・フランスがこれに反発するようになりました。1938年(昭和13年)3月、ヒトラー率いるドイツは、隣国オー... (全て読む)
17_80
Text_level_2
日米交渉の行き詰まり 1941年(昭和16年)4月、第2次近衛内閣の松岡外務大臣は、モスクワに赴き、ソ連と日ソ中立条約を締結しました。これにより、日本は「北守南進」の計画を進め、アメリカは日本の... (全て読む)
17_80
Text_level_2
GHQによる占領 日本は連合国のポツダム宣言を受諾し、1945年(昭和20年)9月2日の降伏文書調印以降、1952年(昭和27年)4月28日の講和条約発効までの7年間、連合国〔軍〕最高司令官総司... (全て読む)

1