新規登録 ログイン
検索条件
タグ 源義経

1

9_80
Text_level_1
『平泉』 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「平泉」(三代の栄耀一睡のうちにして〜)の現代語訳・口語訳、そしてその解説をしています。 読むにあたって この「平泉」の章では、松尾芭蕉... (全て読む)
17_80
Text_level_1
兄弟であるはずの源頼朝と源義経は、なぜ戦う必要があったか 壇ノ浦の戦いで平氏を追いやった義経が、なぜその後討伐されなければならなかったのか。当時の情勢から説明してみたいと思います。 義経が頼朝の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平泉 奥の細道『平泉』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、問いに答えよ 三代の栄耀一睡の中にして、 大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『能登殿最期』の現代語訳と解説 ここでは、平家物語『能登殿最期』の「今はかうと思はれければ~」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をおこなっています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに 平家物語によると、 「磯へ七、八段ばかりになりしかば、舟を横さまになす」 ということで、那須与一から扇の的までの距離は75m~85mあたりといったところでしょうか。 矢を射るまでの心境... (全て読む)
17_80
Text_level_1
治承・寿永の乱 治承・寿永の乱は、政権を担っていた平氏が没落し、変わって源氏が幕府を開くようになるまでの間に起こった内乱のことを言います。日本全国レベルで起こった初めての内乱と言われています。こ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
平家物語〜一の谷までのあらすじ〜 平安時代も終わりに近付いている時期に、最大の勢力を持っていたのが、平清盛率いる平氏でした。ライバルであった源義朝をやぶって源氏の力をそぎおとし、清盛は武士として... (全て読む)

1


知りたいことを検索!