新規登録 ログイン
検索条件
タグ 在原業平

1

2

3

4

17_80
Text_level_1
六歌仙とは 平安時代、ひらがなやかたかなが盛んになったことから、和歌が頻繁に詠まれるようになりました。紀貫之は万葉集以降で優秀な歌を集めて「古今和歌集」に編纂しました。 その中でも優秀な歌の詠み... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・三河』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の9段「東下り」の「昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川・白玉か』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の『芥川』の「昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「初冠」の現代語訳と解説をしています。作者は不明です。 初冠のあらすじ 初冠とは、元服の儀式のときに初めて冠を着けること... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り(すみだ河編)』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の9段「東下り・隅田川」の「なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・駿河国』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の9段「東下り・駿河国」の「行き行きて、駿河の国にいたりぬ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集、そして伊勢物語の第82段「渚の院」に収録されている歌「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『小野の雪』 このテキストでは、伊勢物語の第八十三段、「小野の雪」(昔、水無瀬に通ひ給ひし惟喬親王、例の狩りしにおはします供に〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 伊勢物語の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
東下り(三河国) 伊勢物語『東下り(三河国)』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 次の文章を読み、問いに答えよ 昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京には... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)

1

2

3

4