新規登録 ログイン
検索条件
タグ 小野小町

1

17_80
Text_level_1
六歌仙とは 平安時代、ひらがなやかたかなが盛んになったことから、和歌が頻繁に詠まれるようになりました。紀貫之は万葉集以降で優秀な歌を集めて「古今和歌集」に編纂しました。 その中でも優秀な歌の詠み... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 思ひつつ 寝ればや人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 思ひつつ 寝ればや人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集で詠まれている「色見えで移ろふものは世の中の人の心の花にぞありける」という歌について説明していきます。 原文 色見えで移ろふものは世の中の人の心の花にぞありける 現... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「冬枯れの野辺とわが身を思ひせばもえても春を待たましものを」という歌について説明していきます。 原文 冬枯れの野辺とわが身を思ひせば もえても... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ばや 「ばや」には、終助詞と連語としての用法がある。 終助詞 終助詞として用いる場合、動詞または動詞形活用の助動詞の未然形につく。願望や意志を表し、文末にのみ用いられる。 意味1:願望 〜したい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しる/知る 「しる」には ①「知る」 ②「 治る/領る」 ③「 痴る」 などの用法があり、それぞれ意味が異なる。ここでは「知る」を扱う。 ※参照: 治る/領る/痴るの用法 知る 「知る」には、ラ... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国風文化 藤原氏による摂関政治が行われた時代の10世紀〜11世紀に栄えた文化を、国風文化もしくは藤原文化といいます。 菅原道真の建議により遣唐使の停止が決まった後も民間では交易が続き、中国の文化... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さむ/覚む/醒む 「さむ」には ①覚む/醒む ②冷む などの用法があるが、ここでは「①覚む/醒む」を扱う。 マ行下二段活用 |未然形|さめ| |連用形|さめ| |終止形|さむ| |連体形|さむる... (全て読む)

1