新規登録 ログイン
検索条件
タグ 三権分立

1

18_80
Text_level_2
社会契約説の登場 グロティウスの著作を通じて、自然法の重要性が認識されるようになると、新たな政治思想として社会契約説が現れます。 社会契約説とは、自然法を基礎として、「社会も国家も人々一人ひとり... (全て読む)
20_80
Text_level_1
三権分立 日本では三権分立を採用しており、国の権力を立法・行政・司法の3つに分散して権力が偏らないようにしています。立法は国会が、行政は内閣が、司法は裁判所が担当していましたね。ここでは、その3... (全て読む)
6_80
Text_level_1
三権分立 日本では三権分立を採用しており、国の権力を立法・行政・司法の3つに分散して権力が偏らないようにしています。立法は国会が、行政は内閣が、司法は裁判所が担当していましたね。 ここでは、その... (全て読む)
6_80
Text_level_1
権力を分散させる理由 権力が1つに集中してしまうと、国のかじとりがうまくいかなくなる可能性があります。 例えば太平洋戦争のときは、軍が政治家をさしおいて国を動かしたために大変な方向に進んでしまい... (全て読む)
18_80
Text_level_2
17〜18世紀のヨーロッパ文化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 科学 ・17世紀には、自然科学が急速に発達し、科学革命... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アメリカ独立革命で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 北アメリカの植民地 ・1584年から1585年にかけて、エリザベス1... (全て読む)
20_80
Text_level_1
三権分立とは 三権分立とは、政府の権力を分散させ、相互に抑制や均衡を保つことで、権力の暴走を防ぐ仕組みのことです。 具体的には、国会は立法権、内閣は行政権、裁判所は司法権という権力を有しています... (全て読む)

1