新規登録 ログイン
検索条件
タグ 判別式

1

2

3

4

14_80
Text_level_3
x^{2}+y^{2}=4 …① y=x+k …② という円と直線があったときに、円と直線が異なる2点で交わるときのkの範囲を求めよという問題があるとします。今回はこれを一緒に解いていきましょ... (全て読む)
14_80
Text_level_3
判別式の応用 2x^{2}-ax+2=0 が重解を持つ時、2つの実数解を持つ時のそれぞれのaの値を求めなさい 重解をもつとき 重解とは、実数解が1つであることを意味します。 解の数について言及さ... (全て読む)
12_80
Text_level_2
判別式から2次関数の値を求める方法 y=4x ^{2} -3ac+2  がx軸と2つの交点を持つようなときのaの範囲を求めなさい。 このような問題があったとしましょう。 「x軸との交点」と聞いて... (全て読む)
12_80
Text_level_2
x軸と共有点を持たない2次関数 y=x ^{2} -2x+2 この2次関数はD<0よりx軸との共有点を持たない2次関数です。 このように、x軸との共有点を持たない2次関数ももちろん存在します。す... (全て読む)
12_80
Text_level_1
y=x ^{2} + \left(k+3\right) x+ \frac{1}{4} k ^{2} +k+2 のグラフとx軸との接点の数は、kの値によってどう変化するかを考えなさい。 難しそう... (全て読む)
12_80
Text_level_1
判別式とは a≠0のとき、"ax²+bx+c=0"の解の個数について考えてみましょう。 "ax²+bx+c=0"を解いて解の個数を数えればOKです。しかしこれでは時間がかかってしまうので、とある... (全て読む)
14_80
Text_level_1
円の問題で とある直線があったときに、この直線と円の交点はいくつでしょうか という問題があります。可能性としては以下の3つがあります。 交点が2つある場合 交点が1つの場合 交点が1つしかないと... (全て読む)
12_80
Text_level_1
なぜ判別式を用いるのか 2次関数のグラフとx軸との交点の数を求めるには判別式Dを用いて、 D>0であれば交点の数は2つ D=0であれば交点の数は1つ D<0であれば交点の数は0 と決められていま... (全て読む)
14_80
Text_level_3
はじめに 実際に問題を通して、円と直線の交点の関係について学びましょう。 問題 円: x^{2}+y^{2}=1 …① 直線: y=2x+k …② という円と直線があります。この円と直線が2ヶ所... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数のグラフとx軸の交点の数 y=ax ^{2} +bx+c の関数のグラフを描いたときに、x軸と関数のグラフが交錯する箇所は何箇所あるでしょうかという問題が出されることがあります。 そのよ... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!