新規登録 ログイン
検索条件
タグ 鎌倉仏教

1

17_80
Text_level_1
鎌倉時代の新仏教の開祖者たち  鎌倉時代になると、のちに鎌倉仏教という用語が誕生するように、様々な形の仏教が登場してきます。 ここでは法然、親鸞、一遍、日蓮、道元、栄西の6人についてまとめてあり... (全て読む)
22_80
Text_level_1
鎌倉時代の新仏教の開祖者たち  鎌倉時代になると、のちに鎌倉仏教という用語が誕生するように、様々な形の仏教が登場してきます。 ここでは法然、親鸞、一遍、日蓮、道元、栄西の6人についてまとめてあり... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 鎌倉時代になると、いろんなタイプの仏教が登場します。 ここでは法然の開いた浄土宗について説明しましょう。 浄土宗 法然ははじめ、比叡山にて天台宗の教えを学んでいました。 比叡山を下りて... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 鎌倉時代になると、いろんなタイプの仏教が登場します。 ここでは親鸞の開いた浄土真宗について説明しましょう。 浄土真宗 浄土宗との違い まず、よく悩むのが浄土宗と浄土真宗との違いです。浄... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 鎌倉時代になると、いろんなタイプの仏教が登場します。 ここでは一遍の開いた時宗について説明しましょう。 踊念仏 一遍は、全国各地を行脚しながら時宗の布教につとめました。 踊りながら念仏... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 鎌倉時代になると、いろんなタイプの仏教が登場します。 ここでは日蓮の開いた日蓮宗について説明しましょう。 日蓮宗 日蓮は。仏の教えの中でも法華経(ほけきょう)が正しい教えだと考え、「南... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 鎌倉時代になると、いろんなタイプの仏教が登場します。 ここでは道元の開いた曹洞宗について説明しましょう。 曹洞宗 道元は、比叡山、そして南宋(現在の中国)で仏教の教えを学びました。 他... (全て読む)
17_80
Text_level_2
鎌倉文化とは 鎌倉文化は、平安時代の国風文化を基盤としながら、新興の武士や農民層の価値観が付け加えられて成立した文化です。 鎌倉文化の特色は次のようなものでした。 庶民性 武家の文化 宋や元など... (全て読む)

1