新規登録 ログイン
検索条件
タグ 孟子

1

18_80
Text_level_2
はじめに 中国で誕生しアジア社会に大きな影響を及ぼした儒学という学問があります。この学問はどのように成立し、発展していったのか、その過程を説明したいと思います。 儒学の成立 儒学の創始者は、孔子... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『五十歩百歩』 ここでは、ことわざ「五十歩百歩」の由来となった、「五十歩百歩」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 あらすじ 魏の国の恵王が、政治顧問として招いた孟子に、次のようなことを... (全て読む)
10_80
Text_level_1
孟子『不忍人之心・人に忍びざるの心』 ここでは、孟子の中の公孫丑編の『不忍人之心・人に忍びざるの心』の現代語訳(口語訳)と書き下し文、解説を行っています。 原文(白文) 孟子曰、 「人皆有不忍人... (全て読む)
10_80
Text_level_1
孟子『何必曰利』 ここでは、孟子の中の『何必曰利』の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。 白文(原文) 孟子見梁恵王。王曰、 「叟不遠千里而来。亦将有以利吾国乎。」 孟子対曰、 「王何... (全て読む)
22_80
Text_level_1
性善説 孔子の死後、その思想を継いだのが孟子でした。 孔子の「仁」や「徳」の考えを継承した孟子は、人の心は生まれつき善であり、それに向かう心を持っているという性善説を説きました。 性善説の中で孟... (全て読む)
10_80
Text_level_1
孟子『無恒産而有恒心者』 ここでは、孟子の中の梁恵王編から『無恒産而有恒心者・恒産無くして恒心有る者』の現代語訳(口語訳)、書き下し文とその解説を行っています。 原文(白文) 孟子曰、 「無恒産... (全て読む)
18_80
Text_level_2
春秋戦国時代と諸子百家で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 春秋戦国時代とは ・春秋戦国時代とは、周が犬戎の攻撃を受けて東... (全て読む)
17_80
Text_level_2
元禄文化 17世紀末から18世紀はじめの元禄時代には、中国の清王朝成立による海外情勢の安定と、これに伴う徳川幕府の政治・経済的安定により、日本社会は成熟していきました。安定した社会背景により、武... (全て読む)

1


知りたいことを検索!