新規登録 ログイン
検索条件
タグ カロリング朝

1

18_80
Text_level_2
ビザンツ皇帝からの自立 カトリック教会は、西ローマ帝国の滅亡後、アリウス派を信仰するゲルマン民族に囲まれ、その保護をビザンツ皇帝に頼っていました。 しかし、首位権の争いが激しくなるにつれて、ビザ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
フランク王国の征服 西ゲルマンの一部族だったフランク人は、6世紀初めに、クローヴィス(在位481~511)という王を中心にフランク王国を建国しました。こうして始まったのが、メロヴィング朝(48... (全て読む)
18_80
Text_level_2
金印勅書とは 金印勅書は黄金文書ともいわれ、中世ヨーロッパの神聖ローマ帝国の皇帝選出権を、7人の有力な諸侯である選帝侯がそれぞれ持つということを取り決めた文章のことです。 この勅書は1356年... (全て読む)
18_80
Text_level_1
フランク王国の発展で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 フランク王国の発展 ・メロヴィング家出身のフランク王国国王クローヴ... (全て読む)

1


知りたいことを検索!