新規登録 ログイン
検索条件
タグ 孟浩然

1

10_80
Text_level_1
『春暁(春眠暁を覚えず)』 ここでは、中国の詩人、孟浩然が詠んだ漢詩「春暁」の原文(白文)、書き下し文、現代語訳・口語訳、文法解説(五言絶句・押韻・対句の有無など)を記しています。 原文(白文)... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、李白が詠んだ、「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」という句についてみていきます。この句は、李白の友人である孟浩然が、長江を下って広陵へと行くときに詠んだ句です。 ちなみにこ... (全て読む)
10_80
Text_level_1
はじめに ここでは、李白が詠んだ、「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」という句についてみていきます。この句は、李白の友人である孟浩然が、長江を下って広陵へと行くときに詠んだ句です。 ちなみにこ... (全て読む)
10_80
Text_level_1
はじめに ここでは、孟浩然の詠んだ漢詩「臨洞庭」の原文(白文)、書き下し文と現代語訳・口語訳、文法解説(五言律詩・押韻・対句など)を記しています。 書籍によっては「洞庭湖に臨み、張丞相に贈る」や... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『宿建徳江』 ここでは孟浩然の詠んだ漢詩『宿建徳江』の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。 白文(原文) 移舟泊煙渚 日暮客愁新 野曠天低樹 江清月近人 書き下し文 舟を移して煙渚に泊... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『春暁(春眠暁を覚えず)』 ここでは、中国の詩人、孟浩然がよんだ句「春暁」の原文(白文)、書き下し文、現代語訳・口語訳、文法解説を記しています。 原文(白文) ※左から右に読んでください。 春 ... (全て読む)

1